養殖事業

「合同会社 ヒムカの夢郷」代表の吹毛井昭は2枚貝養殖事業を行っているFUバイオカルチャーの役員を務めており マシジミ陸上管理養殖を各地に拡める役割で活動しています。
マシジミの陸上管理養殖」はこの技術を継承して行われるので他養殖事業にはない強みとなっています。
その技術的な裏付けは既に事業先行するFUバイオカルチャーの賛助支援を受け実施していくのでバックアップ体制は整っています。
現在、「マシジミ」に多く含まれるオルニチンは健康を大きく左右する成分であることが周知され高タンパク 食材として注目の的である事、「マシジミ」の自然繁殖が絶滅危惧種となっている事などがポイントです。。

現在、宮崎県内の小林市、国富町、田野町において「マシジミ」の自生ポイントが確認されており、宮崎県内でも希少価値が高い地域と判断されます。
上記の「マシジミの陸上管理養殖」構想としては3か所ともここしかない好立地条件です。

  • マシジミ
  • 風景1
  • 風景2
  • 風景3

お知らせ